プロフィール

+マサ+

Author:+マサ+
☆訪問ありがとうございます☆

僕はhivキャリアです。
何気ない普段の生活や不安に感じたこと、病に対しての経過等を書いていければっと思っています。

病気への不安はありますが、
仕事もプライベートにも前向きに
これからも自分の人生を歩いていこうと思ってます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果までの1週間

2006年9月。

保健所で検査採血をし、結果を聞くまでの一週間。
不安でたまらなく、眠れない夜が続きました。

もしも陽性やったらどうなるんやろ・・・。
死んでしまうんやろか・・・。

夜、独りになると陽性やった場合、この先どうなるのかが怖くて、ネットで調べまくりました。

『hiv』で検索

すると、病気の説明、進行症状、どういった事で染るのか、こんな事では染らないとか、
今の日本(先進国)での生存状況、薬の開発など、ネットの検索をかけると数千件ヒットし、
見ていると気がつくと朝になってたり。

特に参考になったのは、hiv陽性者支援団代の方がされているページや、hivキャリアのかたの日記でした。

詳細に告知の時の状況や、その後の経過などを読ませて貰い、とても勉強になりました。

改めてこの場で、ありがとうございます!

今思うと、何もしらないまま告知をされていたら自分自身パニックになっていたと思います。
不安でしょうがなくて、何をどうしたらいいのかわからなくて、誰にもいえない状況。
この先どうなっていくんやろうって考えても、悪いほうにしか考えが向かなかったのですが、

『よし!、なんとかなる!』
っと、思いが変わりました。
そんなこんなのアッと言う間の一週間でした。


スポンサーサイト

保健所での検査

2006年9月。

仕事の合間をぬってバイクを走らせ保健所へと向かいました。
予約時間は2時だったのですが、ちょっと遅れてしまい、急いで中に入り窓口に行って、『あの・・・。検査に来たんですが・・・。』っと言うと、『予約されてますか?』っと聞かれ、 『はい、5番です』っと答えると、 『少々お待ちください。』っと一旦奥に。

そして、検査の流れの案内と、紙を2枚渡され、 『通路奥に部屋がありますので、そちらでこちらの用紙に記入して、ロビーのほうでお待ちして頂けますか。』っと。

その日は母子健康相談みたいなものがあったようで、保健所の中には小さなお子さんを連れたお母さん達が何人かいて、
(え~!まじで!。なんか嫌やな~。俺、男一人やし何しに来てんねんやろって思われるんちゃうやろか。保健所→男一人→hiv?なんてわかってまうんとちゃうやろか)
と、戸惑いながらも奥の部屋に。

その部屋にも子供連れのお母さん達が数人いて、入り口横の窓際で先ほど渡された紙に記入していきました。

内容はよく覚えてないんですが、名前や年齢、住所などは書く欄もなく、予約番号の記入で病院の問診書みたいな感じだったと思います。

記入し終えて、ロビーに行くと、男の人が2,3人いてました。

(あ、この人達も検査かな~)っと思いながらイスに座り、検査の流れを読んで待っていました。

なんとな~く、気まずい空気。

時間を過ぎていても検査がいっこうに始まる様子もなく、仕事の合間の時間で来たので時間がかかるとヤバイな~っと思いながら待っていると、保健所の女性が来て番号順に検査へと。

自分の番が来るまでは、やっぱ緊張。色々考えてしまいました。

『では、5番のかたおられますか』
っと、やっと俺の番。

小さな個室に通され、中でさっき書いた紙の内容を確認し、採血。

仕事の時間が気になっていたので、 『あの・・。結果なんですが後日改めて聞きにきても良いですか?』っと聞くと、 『一週間後なら結果をお知らせできますので、都合の良い時に来ていただけますかが、いつが良いですか?』っと聞かれ、 『じゃ、来週のこの時間でお願いします。』っと答え、仕事に戻りました。





その時はめっちゃ仕事が忙しくて検査よりも仕事のことで頭がいっぱいやったんですが、それからの一週間が大変でした。

保健所への電話

2006年9月。

まだ夏の暑さの残る頃でした。
亡くなった父の四十九日も終わり、父の荷物整理やらこれからどうしていくか等家族、親戚で話し合っている中、熱を出し倒れたあと、やっぱり保健所で検査を受けてみようっと思いました。

まずはネットで保健所の検索。
遠からず近からずっといった場所を探し、電話をかけました。
名前を名乗らず『hivの検査をうけたいのですが』っと言うと
『当保健所では月に2回実施しております。次回の検査は来週金曜日の14時からです。お時間大丈夫ですか?』っと事務的に言われ、
『土日ではダメですか?』っと聞いたところ、
『こちらの保健所では土日はしていませんが、近くですと○○市の保健所が土曜日に検査日を実施しています。あとは、日曜日ですと支援団体の方がされている日曜日即日検査が○○市の○○場所でありますがご紹介しましょうか』っと言われ、(ん~どっちも遠いな。どうしよ。)っと思い

『時間はかかりますか?』っと聞くと、
『検査採血だけですと30分から1時間ぐらいです。即日検査でその日に結果をお聞きになられる場合は3、4時間ぐらいみていただいたほうがいいです』っと言われたので、(ま、金曜ならなんとかなるかな)と考え
『じゃ、その金曜日でお願いします』っとお願いしました。

『では、受付制になっております。番号5番で予約受付しておきますので、当日窓口で5番っと言って下さい。』
『はい、わかりました。お願いします。』

・・・。
電話をかける前はめっちゃ緊張してかけたのに、淡々と事務的にあっけない予約受付でした。

でも、じつはhiv検査を受けるのは今回で2回目だったので、大体の流れはわかってたんです。

以前、検査をうけたのは今から11年前。
当時付き合っていた相手が難病の為、亡くなりました。手術後の突然の急死でした。
凄く元気で明るかったのに、亡くなる3ヶ月前あたりから、体調不良が続いてました。
最後に会ったのは海の近くの公園で、一緒にゆっくり歩いていても、
『ゴメン、歩けへん。ちょっとシンドイから休みながら歩いていい?』
って言われ、僕は腰に手を回しながら近くのベンチに座りました。

『病気、治るんかな?○○クンも身体は大事にするんだゾ。病気って早期発見が大事なんやって。○○クンもちゃんといろんな検査せなあかんよ』
って、力のない瞳で言われ、
『わかった、約束する。俺もちゃんとするから、また元気になったら一緒に旅行行こうな』

『うん。桜の蕾ができとるね。今年の桜見れるんかな』
『桜咲いたら、またここに見に来ようや。これも約束な!』
桜の木を見るやつれた横顔。

その2ヵ月後、桜の花が咲く頃にあっけなく死んじゃいました。
一緒に桜は見れませんでした。

亡くなったって連絡があったあと、急いで家にかけつけると横になって眠ってる枕元に苺のショートケーキが供えてあって、好きだったドナルドダックのぬいぐるみがあって、気持ち良さそうに眠ってる顔。

『アホか。死んでどないすんねん。』
『ごめん、ごめんな、俺なんもしてやれんかった・・。ごめんな。』

帰りの道、花見で賑わう桜並木を、ただぼ~っと歩きました。

そのあと一年ぐらいして、約束やったなって思って自分の身体を大事にせなあかんよなって、病院で身体を診て貰ったり、いろんな検査をしました。
まぁ念の為っと思って、その時hivの検査も受けていたんです。
その時の結果は陰性(hivにかかってない)でした。


そして今、僕はhivをもちました。
『ゴメン。約束守れへんかった。病気になってもたわ。』
『でも、死なへんで。俺、元気で頑張るからな!』

な~んて思ってます。
でも、生きてるものはいつか死んでしまうもの。
だから今の貴重な時間を大切にしていきたいですね。

検査以前の症状

2006年、9月に僕は保健所でhiv検査を受けました

受けようっと思ったのは、毎年季節が変わる頃いつも熱を出して寝込んだり、病院で貰った薬を飲んでもなかなか治らず1週間ぐらい熱が上がったままだったりしたことがよくあって、もしかしたらなっとは前々から思っていたからです。

でも検査を受けようっと思ってはみるものの、なかなか決心がつきまんでした。

そして、きっかけはある日突然やってきました。
2006年7月、今まで同居し看病してきた父が心不全の為亡くなり、葬儀の後の慌しさのなかで8月に高熱を出し寝込んでしまいました。

またいつもの事やっと思って病院で貰っていた薬を飲んでいたのですが、まったく熱がおさまらずで、深夜夜間救急病院に自分で電話し車を運転して向かいました。
田舎なので車がないと生活できないとこで、タクシー代ももったいないし救急病院も近くにあったので、ふらつきながらもなんとか辿りつき、受付へと行きました。

病院の誰もいない深夜の暗い待合室のイスに横に寝転がって待っていると、看護士の方が『とりあえず検査をしますので、歩けますか、大丈夫ですか?』っと言われ、なすがまま血を抜かれレントゲン写真をとり、CTスキャン?MRI?すいません、どっちだか覚えてなくてどっちだか一つを受けて、もうその間中もずっとふらついてて、『もう早く横にならせろよ、ほんまマジしんどいちゅ~ねん』っと思いながらも、言われるまま診察して貰い、やっと点滴で横になれました。

『検査の結果も点滴も1時間ぐらいかかるので、点滴が終わったらボタンをおしてね』
っと小さな呼び出しボタンを渡されて、そのまま放置状態。
点滴がポタポタと落ちて行くのを、ただぼ~っと見つめていました。

やっと点滴が終わり当直の先生のところに行くと、
ん~特に悪いとこはないな。風邪ですね。薬を3日分だしておきます。それでも治らなかったらまた来て下さい。 今日はどうされますか? 帰れますか?入院しますか?』

っと言われ、家に足の悪い母がいるので母のこともあるし結局薬を貰ってまたふらつきながら車で家に帰りました。

その後、熱が治まるまで1週間ぐらいかかりました。
そして、やっと普段の生活へと戻り、仕事にも復帰したのですが、元々病院嫌いで病院の事を信用してないたちなんで、なんか心にひっかかるものがあって、念のため仕事の合間をぬって保健所のhiv検査を受けました。



今思えば、『救急病院のヤブ医者!一万円もボッタクリやがって金返せ!』っと思うものの、現在hivキャリアになってわかった事ですが、普段風邪などと思い病院へ行き血液検査をされると思いますが、一般的に内科受診の血液検査ではhiv検査までしないようです。
hivも検査して下さいっと言えばしてもらえますが、やっぱなかなか言いづらいですよね。

保健所では、匿名で無料で簡単に検査が受けられます。
僕みたいに一万もボッタくられる前に、保健所での検査をオススメします。

テレビの取材

今日も元気に仕事に行ってきました!

仕事現場に着くとNHKテレビのドキュメンタリー取材がきてました。
hivとは全く関係ない取材だったんですが。
テレビカメラを向けられて、普段通りにしてください、って言われても、やっぱ緊張。
まぁ、僕はほとんど映らないと思うんですが。

でも、ここで『僕はhivキャリアなんです』って言うと、別取材対象になるのかな、なんて思ったり。
でも、ほんまは、そんな事言っても『ふ~ん。あぁ、そうですか。』でながされるようなhiv認識が広まれば良いなって思います。
ふ~今日一日密着取材でいつもの仕事やのに、めちゃ疲れてしまいました。

帰って晩飯を食ってる時、偶然にもNHKで僕の好きな松たか子のドキュメントをやってて、見入ってしまいました。なんか、今日のご褒美かな。

松たか子はデビュー当時は好きじゃなかったんですけど、『ごめんね。』っという曲を聴いてから興味を持ち、今ではすっかりファンになってしまいました。

『ごめんね。』の歌詞の中に、

♪~夕日が綺麗だとか 夜明けが綺麗だとか
   どうでもよくて こだわっちゃうことかな

   いい子でいたらその内 シアワセになれるって
   ちっちゃい頃から信じてた
   そうじゃないね ~♪


っというフレーズがあるんですが、それがなんか心にきて。
歌の内容は、好きなんだけど今のままの関係じゃいけない っというような歌です。

興味がある方は是非視聴を。
今月コンサートDVDも発売しますので!

なんだか今日は松たか子の宣伝みたいになってしまいましたが、明日は休み。
ユックリ休みま~す。

はじめまして

はじめまして。僕はhivキャリアの奴です。

hivって何?エイズとちゃうん?って思う方もおられると思います。
hivとは、Human Immunodeficiency Virus : ヒト免疫不全ウィルスの略で、
様々な病気や雑菌から身体を守っている免疫力を破壊していくウィルスです。

このウィルスが感染すると自覚症状の無い時期(無症状期)が数年から10年以上続き、さらに進行すると抵抗力(免疫)が落ちてゆき、様々な病気や感染症にかかりやすくなり日和見感染症とよばれる病気を発症しAIDS発症っとなってしまいます。

それってやっぱヤバイ病気やんって思われると思いますが、今では様々な治療薬が出てきており、きちんと服薬することでhiv感染症からAIDS発症を予防することが可能になっています。
また、エイズを発症しても今では適切な治療を受けることで死に至ることも少なくなってきています。

すなわち、HIV≠AIDS  
そして、今ではHIV/AIDS≠死  Hiv/Aidsになっても
今の日本(先進国)では死に至るケースは少なくなってきています。

じゃぁ、それってどんな事で病気がうつるのかというと、感染経路は主に3つに限られてきます
・性行為による感染
・血液を介しての感染
・母子感染
だけです。

詳しくは、ネットで hiv と検索して貰えれば、詳しくたくさんの情報が載っています。

今僕が思うことは、hiv/エイズに対して正しい知識理解を得られる事を願ってます。
そして、同じhivキャリア、エイズを発症しても頑張っておられる方々と共に今後も楽しく生きていければっと

これから僕の日々を綴っていこうっとおもっていますので宜しくお願いいたします。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。